SDGs 私たちの取り組み
【NPO法人いた・エコ・ネット】

【環境学習活動】

NPO法人いた・エコ・ネット

中学校・高等学校での環境出前授業、各種環境イベントでのワークショップ開催など、地球温暖化防止・SDGs啓発を伴う環境学習プロジェクトを展開しています。


【地球温暖化防止に関する考え方】

私たちは、「赤塚公園でのコットン栽培」を通して自然農法を学び伝え、「福島訪問」(ふくしまオーガニックコットン支援・浜通り復興の状況視察)や「小型太陽光発電バネル試作」により原発・自然エネルギー問題を考え伝え、「区民祭生ごみ回収」等により5Rを実践し、それらの学びを「学校出前授業」や「夏エコスクール等各種イベントでのワークショプ」による環境教育に反映させています。学びの場・教える場・交流の場を通したパートナーシップを大切にしています。


【オーガニックコットン栽培普及活動】

私たちは自然と親しみ、自然農法を志すために、赤塚公園で備中茶綿の栽培を続けています。収穫したコットンは環境教材として、また、福島へ里帰りさせています。

【福島県広野町支援交流活動】

原発被災後5年目から福島県広野町との絆を保っています。広野町のコットン畑・防災林にボランティア参加するとともに、浜通りの各市町を訪れています。

【自然エネルギー普及促進活動】

エネルギーシフト普及活動を続けています。脱原発・脱火力へむけた講演会の開催や太陽光パネルの自作。一昨年には前野町昌玲寺に太陽光街灯を自作・寄贈しました。

【5R推進活動】

5R推進活動として、これまでフリマ(リユース)、PCお悩み相談会を実施、現在は、「旧いたばしエコ活動推進協議会」事業を引継ぎ、区民祭での生ごみ回収を展開。

☆動画紹介☆
【赤塚公園コットン栽培の一年】

コットン栽培の一年間の記録と収穫コットンの使用について


【小型太陽光パネルの制作】

親子手づくりパネル講座と実用小型パネル制作紹介

【「エコライフフェア夏」スペシャルクイズ!】

Q.電気を作るにはいろいろな方法があります。次の3つのなかで一番地球にやさしい方法はどれでしょう?
正解だと思うこたえ(1~3)の行をクリック!(※エコキャラが正解を教えてくれるよ♪)

  1. 石炭火力発電
  2. 太陽光発電
  3. 天然ガス火力発電