食品ロスに新たな価値を~豚用飼料へリサイクル
【株式会社日本フードエコロジーセンター】

日本フードエコロジーセンターの食品リサイクルの取り組みを図にしました。

出展内容

当社では余剰等で廃棄されてしまう食品を養豚用の液状飼料にリサイクルしています。第2回「ジャパンSDGsアワード」で最優秀賞を受賞する等、廃棄食品の有効利用として高く評価されている取組みをご紹介します。

【地球温暖化防止に関する考え方】

当社の事業は、余剰食品を飼料の原料として活用し、食品廃棄の削減と温室効果ガスの発生抑制、良質な飼料の提供を同時に実現しました。特に、乾燥が不要な液状飼料(リキッド飼料)へと飼料化することで製造コストと環境負荷を下げており、通常の飼料と比較して価格は半額程度、温室効果ガスの発生量は4分の1程度に抑えられるとの研究結果が出ています。弊社は事業として成り立つ形でリサイクルを行うことが持続可能性を担保し、地球温暖化防止やSDGsの実現につながると考えて、日々の業務に取り組んでいます。


飼料(エコフィード)の原料となる食品です。一日に約35トン(35,000kg)の食品が運ばれてきます。
工場での作業の様子です。食品工場やスーパーなどから運ばれてきた野菜や果物が見えています。
2019年は、合計で1,000人以上の方が工場見学にいらっしゃいました。
エコフィードで育ったおいしい豚肉は、スーパーや百貨店などでブランド豚として販売されます。

☆「エコライフフェア夏」スペシャルクイズ!☆

Q.日本フードエコロジーセンター(J.FEC)は、SDGsへの取組みが評価され、「第2回ジャパンSDGsアワード」で最優秀賞を受賞しました。
では次の中で、J.FECの取組みに関係のあることはどれでしょうか?

正解だと思うこたえ(1~3)の行をクリック!(※エコキャラが正解を教えてくれるよ♪)

  1. たくさんの食べものが捨てられ、焼却炉で燃やされていること。
  2. 家畜用の飼料の自給率が低く、価格も値上がり傾向にあること。
  3. 1番と2番、両方とも!