いっしょに考えよう! いたばしの環境
【板橋区立エコポリスセンター】

【エコポリスセンターの緑のカーテン】

地下1階から3階を超え屋上まで届く巨大な緑のカーテンを初夏から秋にかけて育成しています。

展示紹介

エコポリスセンターは1995(平成7)年に全国に先駆けて設立された環境学習施設です。建物もエコロジカルに機能!子どもから大人まで幅広い世代を対象に環境に関する様々なイベントや講座、出前授業を実施しています。

【地球温暖化防止に関する考え方】

当館は、自然環境と生物多様性の保全、脱炭素社会・循環型社会の実現、SDGsの達成に向けて、環境に関するさまざまな授業や講座・イベントを、年代やニーズに合わせて展開しています。また、区内で活動する個人・団体の方々が自発的に環境活動に参加できる機会も提供しています。地球温暖化防止、気候変動対策としては緑のカーテン事業、区内小中学校・保育園等での出前授業をはじめ、環境講座等でも啓発活動を行っています。また屋上には自然エネルギー利用の太陽電池を備え、巨大な緑のカーテンを育成するなど、建物自体も脱炭素に向けて取り組んでいます。


【緑のカーテン】

緑のカーテンは日差しや熱を遮り、葉の蒸散作用により、周りの温度を下げます。グラフの青線が緑のカーテンがない壁、赤線が緑のカーテンの内側の壁の温度です。昨夏は最大で12.5℃の温度差がありました。(地下1階中庭で令和3年7~9月 各日14時に測定)

屋上の太陽電池

1時間に最大10kw(4人家族の1日の電気使用量に相当)の発電が可能です。発電された電気は、館内の照明等に利用しています。屋上には太陽光採光システム(ひまわり、写真左上)もあり、太陽光を1階の展示に届けています。

【小学校での出前授業】

緑のカーテンや地球温暖化防止について、小中学校や保育園等で伝えています(右上・左の写真は令和元年度に実施)。令和2年度からオンライン授業も実施しています(右下の写真)。

【エコライフフェア夏】

毎年「エコライフフェア夏」で地球温暖化防止について、体験を交えた啓発活動を行っています(写真は令和3年度の様子)。

♪動画紹介

【緑のカーテンをしっていますか?】

緑のカーテンの効果や魅力についてお伝えします!

【第1話 エコポリってどんなとこ?】

エコポリスセンターってどんな施設でしょう? 探検家ハッセーと一緒に探検しましょう♪

【第2話 エコポリにこんなものが?】

エコポリスセンターには生きものが集まる場所があります。そこは一体・・・??どんなところでしょう?


☆「エコライフフェア夏」スペシャルクイズ!☆

Q.エコポリスセンターの緑のカーテンに使われている植物の組み合わせは、次のうちどれでしょう?
正解だと思うこたえ(1~3)の行をクリック!(※エコキャラが正解を教えてくれるよ♪)

  1. ゴーヤー、ヒョウタン、キュウリ
  2. ヘチマ、ゴーヤー、アサガオ
  3. スイカ、カボチャ、ゴーヤー