身の回りの自然を見つめよう
身近な自然の観察・記録活動

【当団体のSDGsに対する考え方】
かつて人々の暮らしの中で営まれてきた農林業によって引き継がれてきた「里山」には、人の手入れによって守られSDGsは人類が生き延びていくための課題を提示しているもの。自分たちが直接に関わっている課題から、ほかの17の全課題にも関心を寄せていくことが必要だと思います。


【①PRチラシと紹介】

【➁赤塚公園での観察風景】

【③石神井川緑道での観察風景】

【④石神井川緑道の野草】

【⑤石神井川にやってくる野鳥たち】


☆クイズ☆

板橋区内を横断している武蔵野台地の崖線で、特に都立赤塚公園の崖線は東京23区内ではもっとも自然度が高い場所のひとつです。その都立赤塚公園では崖線を6つの地区に分けて管理していますが、「都内最大」と言われるニリンソウの大群落があるのはどの地区でしょうか?
正解だと思う番号をクリック!

  1. 大門地区
  2. 代紋地区
  3. 大紋地区

☆アンケート・エコアクション9にご協力ください☆←クリック!