食品ロスに新たな価値を~飼料化の取組み
株式会社日本フードエコロジーセンター

【当団体のSDGsに対する考え方】
弊社の事業は食品ロスを飼料の原料として活用し、食品廃棄の削減と温室効果ガスの発生抑制、良質な飼料の提供を同時に実現しています。作業の一部を就労支援施設に委託することで障がい者の就労にも繋がりました。これらはいずれもSDGs達成に貢献するものと考えていますが、SDGsのためにこの事業を始めたのではなく、社会課題を解決するために行っている事業がSDGsの観点から評価された形です。逆に言えば、企業が目指す目的や社会課題の解決のために必要な取組みを考える際の指針となるのがSDGsだと考えています。


【①日本フードエコロジーセンターの食品リサイクルの取り組みを図にしました】

【②飼料(エコフィード)の原料となる食品です。一日に約35トン(35,000kg)の食品が運ばれてきます】

【③工場での作業の様子です。食品工場やスーパーなどから運ばれてきた野菜や果物が見えています】

【④2019年は、合計で1,000人以上の方が工場見学にいらっしゃいました】

【⑤エコフィードで育ったおいしい豚肉は、スーパーや百貨店などでブランド豚として販売されます】

株式会社日本フードエコロジーセンター ホームページ

https://www.japan-fec.co.jp/index.php

☆クイズ☆

日本フードエコロジーセンターでは、様々な場面で発生する食品循環資源(食品ロスなど)を原料として受け入れ、養豚用の液体飼料にリサイクルしています。 では次の中で、「ここからの受け入れを行うのは難しい」という場所はどれでしょうか?
正解だと思う番号をクリック!

  1. コンビニのおにぎりや総菜などを作っている、大きな食品工場
  2. 私たちが買い物に行くスーパーやコンビニの店舗
  3. 残飯が多く出る外食施設や、家庭の生ごみ

☆アンケート・エコアクション9にご協力ください☆←クリック!