「エコガーデン」緑のカーテン生長記録 2021

更新日 2021年6月12日

緑のカーテンとは…
ゴーヤーや朝顔などのつる性植物をネットに絡ませて窓の外に茂らせた植物のカーテンです。見た目にも涼しげで、太陽の光を遮ることで、室内の気温を下げる効果があり、エアコンの使用を抑制する、身近な地球温暖化対策のひとつです。

エコガーデン(エコポリ正面の花壇)では、緑のカーテンサポートクラブの方とご一緒に緑のカーテンを育てています。スネイルフラワー(青いスイートピー)、ハヤトウリ、白ゴーヤー、フウセンカズラなど色々な種類の緑のカーテン植えています。


2021年6月11日の様子

初めて「スネイルフラワー」の青い花が咲きました。つぼみや花の形がカタツムリ(スネイル)に似ていることで、スネイルフラワーと言うそうです。


2021年6月9日の様子

「オカワカメ」を植えてみました。どんな緑のカーテンが育つか楽しみです!


2021年5月31日の様子

エコサークルより10日ほど遅れてスタートしました。スネイルフラワーフウセンカズラハヤトウリを植えました。ハヤトウリは種を蒔くのではなく、実をそのまま植えます ↓