緑のカーテン質問コーナー

緑のカーテンについての質問を受け付けています。
エコポリスセンターまたは緑のカーテンサポートクラブ(緑のカーテンを普及するため、緑のカーテンを育てた経験のある方々が会員)がお答えいたします。
質問はメールにて(info@itbs-ecopo.jp)お受けいたします。件名には「緑のカーテン質問コーナー」とお書き下さい。

Q.昨年、おととしと2回緑のカーテンに挑戦したが失敗した。上手くいかなかった原因は? ( 向原ホール 緑のカーテン育成講習会で)
 A.水のやりすぎかプランターの深さが足りないのが原因か、もしくは、プランターの下にレンガを置いていなかったとのこと(コンクリートの熱を防ぐのと根腐れ防止、風通しのためにレンガは必要)

Q .去年ゴーヤーの実が長さ5㎝しかならなかった。2階のベランダなのが原因か? ( 向原ホール 緑のカーテン育成講習会で)
 A.他の参加者に聞いたら5㎝くらいの人が多かった。もっと大きくするには講習会内容の肥料でお話ししたリン酸(P)の配合の多いものを勧めた。ゴーヤーの品種も関係あり、アガシゴーヤーなどは大きく実は育たない。大きな実を希望の方は長レイシを選ぶと良い

Q.地植えしているが土の交換はしていない。地植えでも土の入れ替えは必要ですか? ( 向原ホール 緑のカーテン育成講習会で)
  A.連作障害があるので入れ替えた方がよい。サポートクラブの熊木さんも50cmほど掘って土の入れ替えをしている。

Q.苦土石灰と校庭にひく石灰の違いを教えてください。 ( 向原ホール 緑のカーテン育成講習会で)
 A.マグネシウムが入っているのが苦土石灰で、校庭で使う石灰とは別物。苦土石灰は土に混ぜて1か月ほどおかないと苗は植えられないが、牡蠣殻石灰というものもあり、これは土に混ぜてすぐに使える。

Q.日当たりが悪いところで育ちますか? (向原ホール 緑のカーテン育成講習会で)
 A.お日様が大好きなので、日当たりの良いところで育ててください。

Q.今植えたら何月頃に食べられますか?( 仲宿地域センター 緑のカーテン育成講習会で)
 A. 天候にもよりますが7月中旬から下旬頃には実がなります。

Q.昨年は花があまり咲かなかったが暑さも影響している?
( 仲宿地域センター 緑のカーテン育成講習会で)
 A.天候の影響もありますが、実が成りやすいよう栄養(リン)を足すと良いかも。

Q.昨年育てたゴーヤが大きくならず、小さいまま黄色くなりはじけた。( 中台地域センター 緑のカーテン育成講習会で)
 A.アバシゴーヤは、大きくならない種類です。種類によって異なります。

Q.昨年の土は、黒いビニール袋に入れて、日光消毒したほうがよいですか。
( 中台地域センター 緑のカーテン育成講習会で)
 A.土を広げるスペースがあれば、広げて日光消毒でもよいですが、ビニール袋に入れた ほうが温度が上がるのでよいと思います。
 

Q.ゴーヤーのコンパニオンプランツについて教えてください。(志村坂上地域センター 緑のカーテン育成講習会で)
 Aコンパニオンプランツとは、一緒に植えることで良い結果が生まれる友好的な植物のことで、「共栄植物」とも言います。家庭菜園で無農薬や減農薬にこだわるなら、こういったコンパニオンプランツを利用する方法もあります。農薬(薬剤)のように科学的に証明されたものがあるわけではありません。ゴーヤーにはネギ(葉ネギ)・ニラと言われています。


 

 


Q:ゴーヤーの花が雄花しか咲かないのですが、どうしたら雌花が咲きますか?(Kさんより)

A:ゴーヤーの雌花は、親づるではなく、子づる、孫づるにできやすいと言われています。摘心をしてたくさんつるを増やして下さい。


Q:すごい美味しくて、緑のカーテンに適したものはなんですか?((Mさんより)

A:すごく美味しい緑のカーテン・・・
難しい質問ですね♪美味しいと感じるのは人それぞれですよね!あえて言うのであれば、パッションフルーツか葡萄(ぶどう)かな。


Q:ゴーヤの雌花と収穫量を増やすポイントがあれば、ぜひ教えて下さい。(Sさんより)

A:摘心(芽を摘むこと)をすると脇芽(子ヅル)が出てきます。その子ヅルに雌花が咲きます。あと、追肥をすると良いでしょう。


Q:摘芯はどの位成長したら行うべきか、そして肥料は何をあげたらいいのか教えて下さい。(Sさんより)

A:摘心は厚く大きなカーテンに育てるためにとても重要な作業です。
摘心によって子ヅル・孫ヅルが横へと伸び、葉もツルも多く丈夫なカーテンへと成長します。
本葉が6、7枚になったら、親ヅルの先端をプチッとカットしてください。
すると子ヅル・孫ヅルが成長し、実をつけるようになります。
さらに、子ヅル孫ヅルも6、7枚になったら摘心をします。
 肥料は、1ヶ月程度は追肥不要です。
液体肥料は即効性があり、1週間に1回程度、固形肥料は1ヶ月に1回程度与えましょう。
固形肥料は株元から離れたところに与えましょう。